ニュース

<ロボアドバイザー認知に関する調査結果>男性20代が認知率最大の46%、若い世代で普及が進む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FinTech領域のロボアドバイザー認知に関する調査結果
男性20代が認知率最大の46%、若い世代で普及が進む

2017年2月21日

株式会社Finsight(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大室 州)は、FinTech(フィンテック)領域の注目サービスであるロボアドバイザーの認知率や利用意向について全国の男女500人を対象にインターネット調査を実施しました。

ロボアドバイザーとは、個人投資家がオンライン上で、年齢、投資資金の性質、想定運用期間など複数の質問に回答すると、その個人投資家に合った資産配分を提案するサービスです。さらに提案された資産配分を基にリバランスを含めた運用を全て自動で代行するサービスも提供されており、AI(人工知能)を活用したサービスとしても注目されています。

【サマリー】

  • ロボアドバイザーの認知率は21.4%
  • 男性20代の認知率が最も高く46%
  • 海外資産への投資経験者で認知率が高い
  • ロボアドバイザー認知者の利用意向は43.9%

【調査概要】

  • 調査対象:全国の20歳〜69歳男女(20代、30代、40代、50代、60代以上 各性年代50名)
  • 有効回答数:500サンプル
  • 回答期間:2017年2月10日(金)〜14日(火)
  • 調査手法:インターネット調査

【調査結果】

ロボアドバイザーの認知率は21.4%

ロボアドバイザーの認知率は21.4%でした。

内訳は、「利用したことがある」が2.6%、「知っている」が3.8%、「聞いたことはあるが、あまり知らない」が15.0%でした。

ロボアドバイザーの認知率:21.4%

男性20代の認知率が最も高く46%

性年代別の認知率では、男性20代の認知率が最も高く46%でした。

ロボアドバイザーが従来の個人投資家層より若い世代で認知が進んでいることが伺えます。

性年代別のロボアドバイザー認知率:男性20代の認知率が最も高く46%

海外資産への投資経験者で認知率が高い

投資経験別のロボアドバイザー認知率は、海外資産への投資経験者で認知率が高い結果となりました。

具体的には、外国株式が最多で77.5%、次いで外国債券が68.6%、FXが57.1%でした。

多くのロボアドバイザーが日本国内の資産だけでなく海外資産も含めた国際分散投資を前提に設計されていることが関係していると考えられます。

投資経験別のロボアドバイザー認知率

ロボアドバイザー認知者の利用意向は43.9%

ロボアドバイザー認知者に「あなたはロボアドバイザーを今後利用したいと思いますか?」と尋ねた結果、43.9%が利用意向を示しました。

具体的には「是非利用したい」が10.3%、「どちらかというと利用したい」が33.6%でした。

ロボアドバイザー認知者の利用意向

【考察】

日本国内で「ロボアドバイザー」という言葉が使われ始めてからまだ数年の中で急速に認知が拡大していることが伺えます。特に従来の個人投資家層に比べて若い世代である20代や30代での認知率の高さが金融サービスとしては特徴的です。

一方で、利用率と認知率の間には隔たりがあり、リスク資産への投資という金融サービスの特性からも、トラックレコード(運用実績)が乏しいロボアドバイザーのマーケティングの難しさが伺えます。

【会社概要】

社名 :株式会社Finsight
所在地:東京都千代田区丸の内2-2-1
代表者:代表取締役社長 大室 州
URL :https://finsight.co.jp/

【本リリ−スに関するお問い合わせ先】

Email: info@finsight.co.jp

株式会社Finsight(フィンサイト)へのお問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加